事業者一覧

CREAL(クリアル)

CREAL
平均利回り 4.8%
平均運用期間 15ヶ月
月間平均募集額 44,500
年間ファンド数 15
サービス開始日 2018年11月(3年1ヶ月)
総合評価 A

基本情報

名称CREAL
運営元クリアル株式会社
所在地東京都台東区東上野2-13-2
代表横田大造
管理者山中雄介
上場非上場
設立2011年5月
タイプ不動産クラウドファンディング
株主非公開
入金銀行楽天銀行
入金方法デポジット口座(投資に残高必要)
出金手数料楽天銀行の場合 52円
楽天銀行以外の場合 168円~262円

特徴

特徴① 実績No.1の不動産クラファン事業者

CREALは2018年11月にサービスを開始した不動産クラファンです。

日本マーケティングリサーチ機構調べ(2021年6月期)によると「運用資産残高 3年連続No.1」と「累計調達額 No.1」を獲得しています。

運用残高 No.1 / 累計調達額 No.1

特徴② 大型ファンドのパイオニア

不動産クラファンでは数千万円クラスのファンド募集が多い中、CREALは数億円クラスの大型ファンド募集を行うことで投資家の支持を集めてきました。

特徴③ 利回りと運用期間のバランスが良い

CREALは「利回り4.5~6.0%、運用期間 12~24ヶ月」あたりを中心にしたファンドを組成しています。このバランスが投資家のニーズにマッチしていることで安定した人気を誇っています。

また、運用終了ファンドの「実際の運用期間」を公開することで早期償還の不安を解消しています。

ドムス・スタイル押上 / Rakuten STAY博多祇園

特徴④ 優先劣後方式を採用

一般的な不動産クラファンと同様にCREALも優先劣後方式を採用することで投資家の元本割れリスクを抑えています。

CREALの優先劣後方式説明図

特徴⑤ バラエティー豊かな投資先

CREALで募集されるファンドは
・マンション
・オフィス
・ホテル
・保育園
・専門学校
など、非常にバラエティ豊かなので、それぞれの投資家に適したポートフォリオを構築することができます。

投資物件の外観

特徴⑥ 上野ファンドの危機を凌いだ実績

CREAL最大のピンチは2020年1月に募集した「Q Stay and lounge上野」です。外国人観光客向けホテルのため新型コロナの影響を大きく受けてしまいました。

CREALはこの物件をオフィスへ用途変更し、しかも自社グループが入居することで投資家の損失を回避しました。

何度も使える手ではありませんが、好立地であることと、力のある企業だからこそ可能な解決法でした。

特徴⑦ 現時点で元本割れなし

2018年11月のサービス開始から現在まで元本割れは0件です。堅実な運用実績を積み重ねています。

信頼性調査

運営会社「クリアル株式会社」について

社名クリアル株式会社
住所東京都台東区東上野2-13-2 CREAL UENO
株主非公開
設立2011年5月
代表横田 大造

不動産による資産運用サービスを提供してきた企業です。

代表の横田大造氏の経歴

横田大造氏の顔写真

2000年早稲田大学政治経済学部卒。
2000年世界的コンサルティング会社「アクセンチュア」入社。
2005年オリックス入社。不動産ファイナンス業務に従事。
2007年ラサールインベストメントマネージメント入社。オフィス、レジデンシャル、商業施設等への投資業務に携わる。
2011年新生銀行入社。病院や介護施設を担保としたノンリコースローンファイナンス業務へ従事。ヘルスケアREITの企画・設立を担当。投資運用部長として物件取得業務を統括。
2017年クリアル株式会社の経営に参画し、代表取締役社長に就任。
2018年不動産クラファン「CREAL」を開始。
2020年国土交通省主宰「不動産特定共同事業(FTK)の多様な活用手法検討会」委員就任。

クリアル株式会社のスタッフ情報

コーポレートサイトでスタッフ14人の顔写真と経歴を公開しています。高学歴の少数精鋭という印象です。

クリアル株式会社の決算情報

決算末日2021年3月31日
純利益0.58億円
総資産80.31億円
株主資本7.80億円
利益剰余金1.22億円

注意点

注意点① 劣後出資比率は低め

他の不動産クラファンに比べると劣後出資比率は低めに設定されています。

総評

総合評価A

・ファンドの魅力:高い
・ファンドの募集量:多い
・上場有無:非上場
・運営信頼度:高い

非上場企業ではあるもののスタッフ情報や決算情報を公開しているため信頼度は高いと言えます。

3年連続で業界トップの運用資産残高を誇る事業者であり、不動産クラファン業界を牽引する存在です。

その他の事業者

掲示板

投稿
送信中
コメントはまだありません。
ページトップへ